ラベル

apartment (5) award (1) container house (3) DIY (2) European (1) Japanese (6) links (6) loft (1) luxury (2) modern (4) motorhome (2) room (5) slideshow (7) stylish (5) sweet home (2) tiny (4) trailar (1) urban (2) villa (2) woody (2)

もし土地があって、自分の好きなように家を建てられるなら




  スペインの木材メーカーのHPに載ってあった可愛らしいデザインの家です。1軒だけでは町に良くある古風な木造の家ですが、数軒が並んでいるとなんとも可愛らしい、街の景観に貢献する不動産になるに違いありません。尖がり屋根も良いですが、かまぼこ屋根もきっと愛らしいですね。ん?なんでかまぼこ屋根が思い浮かべたのかって、ロフト作った場合はかまぼこ屋根の方が生活し易いかなとw



  なんとなく歴史ある建築物の間に無理やり現代のモダンを捻じり込んだイメージですが、違和感ではなく、コントラストに見えるから不思議ですね。こう言う個性的な建物は目印になります。



  これもまた取って付けたようなバルコニー、しかも全部赤で、強烈です。これが全部ヨーロッパの街にある景色ですから、いままでのヨーロッパのイメージとはまたちょっと違うような気がします。



  日本の庄屋のイメージがします。潔い木面にリビングだけ大きなガラスを嵌め込んでいる、恐れ入りました。オリジナルページでは家主さんが開催したパーティーの様子も写っているので、来訪者や近所にはわかりやすいですね。



  ポルトガルのシルヴェスにある住宅街の一角にあるリノベーション物件です。もともとは倒壊しそうになっていたレンガハウスでした、派手な色が多い町に真っ白な家は中和作用を果たし、目立つものの、しっかり周辺に馴染んでいます。バルコニーの他にデッキもあり、気候が良くてアウトリビングの生活スタイルが普通なんでしょう。日本の場合は室外のデッキって、意外と年間の半分しか使えないんですよね~^^;



  アメリカカリフォルニア州サンフランシスコの街にある個人の住宅です。都心でしょうか、車庫から判断すると、間口4~5mの日本の平均的な住宅用地とそう変わらない気がします。いや、奥行きがはっきりわからないので、言い切る事はできませんが、日本の街でも雰囲気的に合うと思います。



  別荘ではなく、アメリカのバハマにある住居です。最近は自然への認識が強まったのか、自然の中に溶け込むようなモダン建築が多く見られます。日本の都会では無理と思いますが、別荘を考えている方なら参考になるではないでしょうか。



  オーストラリアのクレアモントにある住宅です。鉄骨と木材のハーモニーが素敵です。大通り沿いにこのような住宅正面が隙間なくギッシリ並べていて、日本並みの規模?なんて思ったら、とんでもないです。ウナギの寝床のように奥へずずず~いと40フィートコンテナを2本繋げたくらい、長いです。さすが世界6位の国土を誇るだけあって、ゆったり生活スペースを確保できるのが、羨ましいです。



  このような積み上げ式の住宅も最近では多く見られます。始まりはコンテナハウスのような気がします。モダンで、空間は有効に利用している合理的な建築です。角ばっているが、実は結構おしゃれです。

  以上はマイホームを実現するための参考画像です。個人的には1番上の木造の家が現実味あるのかな、なんて思っていますが、そんな自分の保守的な考え方がまた嫌ですね~折角だから、もうちょっと夢を形にしたい気持ちは諦めたくないような~^m^