ラベル

apartment (5) award (1) container house (3) DIY (2) European (1) Japanese (6) links (6) loft (1) luxury (2) modern (4) motorhome (2) room (5) slideshow (7) stylish (5) sweet home (2) tiny (4) trailar (1) urban (2) villa (2) woody (2)

日本国内で乗るキャンピングカーなら条件は何かを考える




  世界中の理想的な家画像を探し、マイホームの参考にする予定の当ブログで、前回軽キャンピングカーの記事を書かせていただきました。実はタイニーハウスブームと繋がっているではないか、motorhomeと言うカテゴリーでも括られていると思ったからです。当ブログでもカテゴリー分けして見ると、どこに入れるべきかと悩み、「Camper」に入れました。次いでと言うか、前回の記事を書いたからこそと言うか、国内で乗るキャンピングカーの条件について考えて見ました。

  人それぞれの住環境によって考えが違うと思いますが、筆者の場合、
● 都会に住んでいるので街乗りが出来る事
● 用途やTPOを考え、架装したキャンピングカーよりも外見が自動車のままである事
● 裏道を通る事も多いのでスリムなボディである事
● 旅行などで家族全員が窮屈しない空間である事

  それらの条件を加味して、最終的に導き出されたのがバンコンでした。10年前に購入したのがキャラバンのロングボディハイルーフ、外寸は4990✕1690✕2280です。当時は標準ボディを使う架装メーカーはなく、街乗りを考慮してでもこのタイプが最小限でしたね。これより小さいのを望めば軽キャンを薦められました、でも正直、軽キャンの家族旅行は、痩せた旦那様と小さな子供たちでなければ考えられませんw 10年乗りましたが、実際問題として、
● 主に主婦が運転と全ての準備をするので、室内のベッド展開など結構疲れます
● 旦那が太り続けるので圧迫感が半端じゃない、就寝スペースを別にしたい
● 夫婦それぞれの実家や周辺お友達訪問で裏道が多く、1690の車幅でもしんどい
● 都内殆どのスーパーやモールでは、駐車場の高さ制限で入れません
● ロングボディでいつも駐車場から頭がはみ出ていて、不安になります
● 運転席と車室が隔離されていて、子供のケアが難しい(声をかけると叫びになる)

  そもそも、日本のキャンピンカーは野郎どものワイルドな遊び道具でした。しかし子育ても家事も仕事もヒーヒー言いながら睡眠時間も削っているお母さんより、自分だけで稼いだつもりの旦那が遊び道具としてキャンピングカーを買う、そんなの許せますか?寧ろ女性の子育てや仕事の足として使わせてろと言いたいですね。女性も運転できて、仕事をしながらの子育てにも使える、そんなキャンピングカーを、メーカーさんは作るべきだと思います。子育て中心なら軽キャンがいいとも、多くのママ友に薦めて来ました。最近は女性目線で作られているキャンピングカーもかなり増え、買い替える際の楽しみも増えました。

  再びバンコンが注目を浴びています。今回は都会で使う人たちの声が多くなったおかげで、標準ボディのバンコンが増えています。その上、レイアウトやベッド展開などがかなり効率的にできたものが多いので、欲しくなるキャンピングカーをピックアップしてみますね。マイホームより先にモーターホームで幸せになってみませんかw 純粋なユーザーとして、薦めたところで何のメリットもないですが、正直に子供とのキャンピングカーライフがとっても楽しく、キャンピングカーは手放せません。

  検討材料の一つとして価格帯も載せておきます。TOPの画像のレクビィのポシェット 7-DAYSは、407~509万円です。


❝http://flott-m.com

  トヨタライトエースと言う選択は、都会の生活に馴染みやすく、女性でも運転し易いメリットがあります。いま、ワイドでロングなボディのバンコンは都会では運転し難い、軽キャンでは遠出の遊びには物足りない、その間のコンパクトキャンピングカーがジャストサイズと言われています。中でも、シュピーレンはお客様の要望に沿ってレイアウトを考えてくれる、オーダーメイドに近い状態で自分だけのキャンピングカーを手にする事ができます。セカンドのバタフライシート一人のレイアウトをネットで調べた参考価格は287万円~でした。


❝http://towa-motors.com

  東和モータースのツェルトCPは標準ボディのポップアップルーフで室内の圧迫感を解消しています。現在筆者が最も理想的と思っているキャンピングカーです。価格帯は456~558万円。


❝http://www.omc-camper.co.jp

  オーエムシーのボギーもほぼ望む形で、シンク用とは別に外用シャワーがついています。今は殆どシンクのノズルを引っ張り出して兼用できますので、シンプルな方がいいですよね。373~440万円、この価格差は主にガソリン車とディーゼル車の違いですが、オプションなどでも価格帯は変わります。



❝http://www.vantech.jp

  バンテックのマヨルカ、標準ボディにポップアップルーフ、家族4人での長旅も楽しくできます。価格帯は480~558万円。



❝http://focs.campnofuji.jp

  皆さんにとって、キャンピングカーの中のテーブルの大きさって重要ですか?筆者は以前の架装メーカーにわざわざ頼んで、特注で大きなテーブルを作ってもらいました。このフジカーズのフォックスエスパシオのセカンドシートの背をテーブルにするアイディアは大好きです、インテリアも高級感溢れて憧れますが、これでギャレーがなくなるくらいなら、ルーフを架装して欲しいですね。子供のいる家庭は水を何かと使います。価格帯は338~406万円。



❝http://www.whitehouse.co.jp

  ホワイトハウスのコンパスビッツも理想的です。ポップアップルーフですし、必要な設備は完備されています。しかし、標準ボディの幅1690mmを1720mmに拡張しています。制限がある駐車場ではこれだけでも障害になってしまいますTT 価格帯は446~524万円。


❝http://www.toy-factory.jp

  トーイファクトリーのトーイズボックスS-GLは、もっともシンプルで形で実現したキャンピングカーです。標準ボディで標準ルーフ、気軽に街乗りから家族旅行まで楽しめる1台です。価格帯は338~415万円。

❝http://www.toy-factory.jp

  トーイファクトリーのエコロも、コンパクトキャンピンカーの先駆けとして名の知れた存在です。当初はライトエースを使用していましたが、いまは日産NV200のワゴンをベース車にしています。乗り心地は断然バンよりいいですが、この圧迫感はキャンピングと言うよりも、接待室の感じが強いです。出来ればいいなと思って問い合わせてみましたが、ポップアップルーフには対応してくれませんでした。256万円なので、乗用車を車中泊として使う感覚ならいいと思います。



❝http://cc-hiro.co.jp

  キャンピングカー広島の名を一気に押し上げたのがこのライトエースベースのピコかも知れません。いわゆるコンパクトカーですが、余裕で二人旅の必要設備が整えています。ポップアップルーフの標準搭載で住空間の心配もありません。子供が巣立った後はこれで自由に旅したいですね。公式ページには見つからなかったが、提携販売会社で見つけた販売価格は319~349万円、安くはないですね~。



❝http://www.annex-rv.co.jp

  セカンドシートの背を大きなテーブルとして使うアイディアを、最初に見たのはアネックスのファミリーワゴンSでしたね。当時はとっても画期的な分かりやすいレイアウトで、欲しいと思いました。やはり標準ボディは最近出たモデルで、水回りの要望を聞いてくれるなら、次の検討候補にしたいと思います。価格帯は379~462万円。



❝https://www.facebook.com

  ANNEXから出た最新モデルは標準ボディでもしっかり大家族向けのコンポーサERウィズファミリー、室内二段ベッドプラスポップアップルーフのベッドがあります。空間を最大限に利用したのが、大家族にもうれしいですね。まだ価格帯が分かりませんので、気になる方はお問合せしてみて下さい。

  他にも幾つかの架装メーカーがありますが、今回は長距離運転にはあまり気持ち良く乗れない横向きシートのレイアウトや標準ボディ以外豪華さを追求するキャンピングカーは取り上げませんでした。冒頭に言う都会に1台しか車が持てない家庭の事情と条件があるからです。それでは、本記事がお役に立てられそうな家族のみな様にお役に立てるよう願っております。