ラベル

apartment (5) award (1) container house (3) DIY (2) European (1) Japanese (6) links (6) loft (1) luxury (2) modern (4) motorhome (2) room (5) slideshow (7) stylish (5) sweet home (2) tiny (4) trailar (1) urban (2) villa (2) woody (2)

初期のコンテナハウスの中でもシンプルおしゃれなデザインが人気を集めた


  H14年に集めた画像です。14年前は既にコンテナハウスに惹かれて、定期的にネット中で探し回ってました。当時の日本国内では、まだ「コンテナ?あんなの人が住めるの?」と言う状況で、酒の席で話題にしても、バサっと消されました。それが今ではマスメディアで騒がれるようになりましたね。

  当時既にネットで検索数がかなり上がっていたこのコンテナハウス、いつかどこかで見たよ、と言う人も多いかと思います。割合初期のコンテナハウスの中でも、実用的且つデザイン性に優れた作品でした。今では拡散して、写真だけはあっちこっちで見られますが、オリジナル制作会社はPoteet architects, Ip であり、当記事の画像は全てオリジナルサイトから引用させて頂いております。

  Poteet architects は1998年、アメリカのテキサス州サンアントニアオに設立された会社で、地域の持続可能(環境と生物の多様性が期限なく続けられる)な活性化をテーマに抱えて活動を行い、全国でその認知度を高めて行きました。

  特にこのコンテナゲストハウスは数知れない海外の雑誌やHPで掲載されました。使用したのは40フィートのコンテナ1本だけ、日本のコンテナハウス業者のデータによると、約16畳の広さで、形状的には細長いものの、都内の1Rよりも快適に過ごせる空間となります。基本は、廊下などの様なデットスペースがないので、16畳が全て快適な生活空間です。デザインは極々シンプルではありますが、デッキと軒下の照明で16畳以上のゆとりを演出しています。一歩踏み込みと、これまでのコンテナのイメージは吹っ飛んでしまい、実におしゃれは生活空間を実感できます。そして、屋上は植栽で自然の断熱効果を作り出しています。

  画像を見て行くとわかりますが、コンテナは半分プライベート空間であり、残り半分は居室ですが、居室部分は殆どガラスで覆われ、非常に明るく、視界に広がりを持たせてくれます。そして計算しつくされた照明も夜になると、暗闇からこのコンテナのゲストハウスを美しく浮き出させています。

  では、BGMのボリュームに注意して、ご覧ください。





  ついでに、Poteet architects さんの手掛けた作品の中で、とっても気に入ったロフトハウスがありますので、それも追って次の記事で紹介しておきますね。

0 件のコメント:

コメントを投稿