ラベル

apartment (5) award (1) container house (3) DIY (2) European (1) Japanese (6) links (6) loft (1) luxury (2) modern (4) motorhome (2) room (5) slideshow (7) stylish (5) sweet home (2) tiny (4) trailar (1) urban (2) villa (2) woody (2)

ロールケーキの様に美味しそうな別荘


  homify と言う住環境関係のSNSで、日本語ページにこの建築を見た時は、ちょっとカルチャーショックでした。海外ではこの手の建築は良く目にしますが、日本国内でこんな斬新なシェルターのようなフォルムで実現した建築物は初めて見ましたし、これを実現した人たちのエネルギーを想像すると、尊敬せざるを得ません。さっそく調べてみました!デザイナーはアールテクニック一級建築士事務所の井手孝太郎さん、施工担当は株式会社技覚、いずれもHPのTOPに多く画像が掲載されていて、建物自体は個人の軽井沢別荘である事が判明し、2009年にはグッドデザイン賞を受賞もしています。



  デザインは、最初に丸まった貝のように、建築名も「shell」と名付けられています。実際施工上の問題で多少変更があり、今のデザインとなりました。断面の画像を幾つか見て行くと、美味しいロールケーキのように見えて、包まれた中の家族生活はとっても甘いものに感じられます。この特殊なフォルムにも関わらず、軽井沢の森の中で、実に馴染んでいました。今度、軽井沢へ行く際には、できるかどうかわかりませんが、自分の目で鑑賞したいものです。



  建築された別荘は前後2つの部分から成り立ち、間は上記画像のようにデッキで囲まれています。前方も同じデッキがあり、随所随所干渉を受けずに佇む場所や静かに会話できる場所があります。施主は4人家族らしいですが、数十人が集まっても全然大丈夫な広さです。



  建築物の前半分はダイニングキッチンとリビングで、キッチンは全体的に丸みの帯びた中でも、角角と主張する部分であり、ダイニングテーブルは人の和を象徴するかのように、建物と同じ丸みを帯びています。床の木材はかなり浮かせてあるので、森の湿気を直接触れない分だけ建物の寿命を心配しなくて済む気がします。



  キッチンに隣接したリビングソファは丸く、暖炉を囲んだ形で、別荘として週末だけ利用するのが勿体ないくらい、日常的に使いたいデザインのスペースです。



  建物の中央当たりから前方を眺める風景です。周囲の森の風景がほぼどこからでも目に入り、自然の癒しのパワーを漏れなく吸収できそうです。また緑の背景から、一層、コンクリートが思ったよりも森に馴染んでいるように感じられますね~



  建物の後ろ半分は所謂住空間ですね。階段を上がると寝るスペースが用意されています。暗く感じがちな建物の中央部分はちゃんと天窓で採光していて、光と影のコントラストもそこに存在する景色の一つになっています。



  気になる寝室部分はちゃんと壁で目隠ししていますねw



  1階の奥はサニータリーと浴室、何れも建築物と同じく、丸みを帯びたデザインで、なんとも優しい雰囲気を持っています。



  夜ライトアップした様子です。素敵ですね~

  いつか別荘を買えるようになった時(来るのか?)は、こんな唯一無二のデザインにして頂きたいですね~この唯一無二に関わったら、自分の存在に、行動に、デザイナーや施工業者との係わりに、生きて来た事にも意義を持てる気がするし、それこそいつ死んでも悔いがないと言える人生になりそうな気がします。