ラベル

apartment (4) award (1) container (3) DIY (2) European (1) houses (4) Japanese (6) links (6) loft (1) luxury (1) modern (4) motorhome (2) reinforced concrete (1) room (5) slideshow (7) stylish (6) tiny (4) trailar (1) urban (2) villa (2) woody (3)

タイニーハウスムーブメントの発起人が作った家があまりにも有名でしたので



  1997年に、アメリカの建築家 Sarah Susanka が「スモールハウスムーブメント」を提唱した時、ネットでスモールハウスとはどんなものかを調べたが、蓋を開けてみると、日本の一般住宅にかなり近い感覚で、わざわざスモールハウスを提唱する立場が羨ましいと思ってしまいました。




  当時、管理人はコンテナハウスに夢中になっていましたので、後々知った事ですが、コンテナ輸送の都合がつかない地域において、代わりに木材を入れて、コンパクトな家を作っていた事が、多少ブームに影響を与えていました。遡って調べると、1999年にアイオワ大学の美術教師 Jay Shafer が、自分の手で約10㎡の小さな家を建てて住み始め、それが雑誌で賞を取ったので、一気に知れ渡る事になったそうです。ここの画像がその雑誌で賞を撮ったタイニーハウスです。



  当時管理人はキャンピングカーの合理性に心酔し、タイニーハウスの室内を見るとキャンピングカーの室内と似通っていると思いました。実際、トレーラーハウスなどもキャンピングカーの括りに入り、タイニーハウスもまた不動産税が免除される事から車輪を付けてあるものも多い。無駄をどんどん削ぎ落とせば、生活に必要な機能はそう多くないと言う事がわかります。



  地球上を自由に旅しながら生活を送る人ならトレーラーハウス、1か所の土地で長く生活して行くならタイニーハウス、そんな理解でいいじゃない?と思います。タイニーハウスの面積条件について詳しく書いてあるページをどうしても見つからず、ある業者のページで、トレーラーに乗せられる、つまり大きくても40"コンテナー1本の面積がタイニーハウスの大きさと言う説に、賛同しました。



  内部構造を見てみましょう。入口のすぐ左にキッチンがあります。




  単身ならこれでも生活はできるキッチンです。収納もしっかり考えられています。



  キッチンの奥にはリビングがあります。この場合、住人が大学の先生だけあって、リビングと言うよりも書斎に見えます。



  リビングにはソファセット、収納、デスク、本棚があり、ロフトの寝室へのはしごもあります。




  リビングからキチンを覘く様子です。



  照明が分かりやすい手作りで、温かみが感じられます。



  ロフト部分は寝室のスペースのみです。



  寝心地は良さそうです。日本のような四季がはっきりしている気候では、屋根部分の断熱をしっかりやらないと、車中泊経験者が知るに、冬は寒い、夏は暑いと言う状況になりかねません。



  一人分だけですが、座って入れるお風呂もあります。扉も付けてあります。



  トイレも勿論備わっています。充分な広さです。



  構造を良く見ると、ただ釘で打ち付けただけではなく、しっかり木を組んでいます。作る前に、きっと木造住宅をしっかり勉強したと思います。

  Jay Shafer さんは現在タイニーハウスのビルダー会社を経営しているようです。公式のHPを持っているので、今回の画像は全てそこから引用させて頂きました。日本でも影響を受けてタイニーハウスのブームが近いうちに来るでしょうと某建築家がネットで書いています。東京に住んでいると、ブームに関係なく、昔から狭小住宅がひしめいていますからね。ブームはどうでも良く、今まで狭小住宅でちょっと恥ずかしかった事が、資源を無駄にしない、幸せへの近道と提唱される事によって、堂々と胸をはって、タイニーハウスに住んでいますと言えるのが、気持ちがいいです。